コンボ


コンボとは何か

 「ブレイクスキル」という記述のあるスキルをPTメンバで繋げて当てていくことである。
 (アイコンの右肩の丸が灰色のものは該当しない。コンボを拾えない代わりに邪魔もしない
  例:回復の印や反撃斬など)
 コンボ数が高い状態でさらにブレイクスキルを当てると、最大でダメージ4倍の効果が得られる。
 ボスのHPはコンボありきで設計されており、これへの理解がレイド攻略のカギとなる。

ブレイクスキルを使うには

  チャージスキルを使用することでテンションを溜める(画面下部中央の数字)。
  テンションを消費することでブレイクスキルを使用できる。
  ※リキャスト待ちのときはテンションがあっても使えないのでリキャスト管理も重要。

ブレイクスキルの属性の確認

 ブレイクスキルは敵にダメージを与えた後に、「コンボゲージ」と「Next○○○」というものが表示される。
 ○○○のところには1~4個の属性が表示される。(以下これをNext属性と呼ぶ)
 
 ブレイクスキルの属性とNext属性の確認は以下の手順となる。
 1.画面左上のキャラクターボタンをクリック
 2.表示されたキャラクターウィンドウのスキルタブをクリック
 3.確認したいスキルのアイコンをクリック
 4.ウィンドウ右端の「属性」と書いてあるとこがそのスキルの属性
 5.ウィンドウ下部の「Next」と書いてあるところがそのスキルのNext属性

スキル画面.png

 自分がやっていない職のスキルについても確認しておくと立ち回りが楽になると思われる。

コンボの成立条件

 コンボの成立には以下の2つの条件がある。

  1.コンボゲージが表示されている
  2.当てたブレイクスキルの属性に、表示されているNext属性のいずれかが含まれている

 「Next火水風」と表示されている場合は、火、水、風、を属性に持つブレイクスキルを当てればよい。
 火水風のすべてを持っている必要はなく、「火闇」など火水風以外も入っていても成立となる。

 成立例)
 氷結嵐  (Next 斬)  → 三連斬  (属性 斬)  斬が一致
 煉獄業火 (Next 打火) → バッシュ (属性 打)  打が一致
 旋風撃  (Next 光闇) → 煉獄凍土 (属性 水闇) 闇が一致

 ※コンボ初撃については問答無用で成立扱いとなる。
 ※特例として「ダウン時大ダメージのスキルをダウン中の相手に当てた」場合、
  Nextに無い属性のスキルを当ててもコンボが成立する。(「ADDITIONAL BLOW」と表記)
  ただし、大ダメージ故か特殊条件故か、必ずダメージそのままのヘイトが出る模様。
  該当スキルは現状、ウォーリアの「大粉砕撃」とフェンサーの「疾風迅雷」の2つ。

 条件を満たすスキルがセットされている場合、スキルアイコンが点滅するので容易にわかる。
 点滅している間に点滅しているスキルを発動すればコンボが繋がるはずである。
 ただし、敵が複数いる場合では コンボゲージのある敵と自分が攻撃対象にしている敵が
 異なることがあり、違う敵相手に点滅中のスキルを発動してもコンボがつながらないので注意。
 敵が単体の場合は、点滅しているときに点滅しているスキルを撃てばよい。

コンボの不成立時のペナルティ

 不成立のパターンは以下の2つである。

  1.ブレイクスキルが当たった時にコンボゲージが表示されていなかった
   (2人同時に当てた場合、一瞬でも遅かったほうがこれに該当する)
  2.Next属性にない属性のブレイクスキルを当ててしまった
  
 上記のいずれかに該当し不成立となった場合、以下のペナルティが課せられる。
 
  ヘイトが発生する

 当たり前のように感じるものだが、本ゲームにおいてはそうではないのである。

 コンボにはダメージ増幅効果があるのだが、盾のヘイトはそれを上回るほどにはなっていない。
 代わりに、コンボ成立時のブレイクスキルをゼロヘイト、もしくは微ヘイトにしてあると思われる。

 それが不成立の場合は普通にヘイトが出でしまうのである。
 大ダメージであった場合は、タゲをとってしまうこととなる。
 (あくまで大ダメージであった場合であり、慣れるためにも臆せず撃っていこう)

 ファイターに関しては、火力さんが不成立を起こしたのを感じたら、ヘイト稼ぎとして敢えて不成立を
 撃っておくといいかもしれない。

ダメージ増幅効果

 本題のダメージ増幅効果をファイターのスキル「バッシュ」を使用して見てみよう。

コンボ.png

 2倍、3倍と段階的にダメージ増幅が増えていくことが見てとれる。
 そのため、威力の低いスキルでコンボ数を稼いでから威力の高いスキルを使用するのがダメージ効率が良く、
 一般的となっている。

 例)
  氷結嵐 → 三連斬(ダメ2倍) → 煉獄業火(ダメ3倍) → 煉獄業火(ダメ4倍)

 氷結嵐、三連斬はテンション3の低威力スキルであり、煉獄業火はテンション6の高威力スキルのため、
 煉獄業火を後に撃つ形となる。
 
 コンボ不成立時でもダメージ増幅は適用される。
  Combo Trial表示時の不成立 ダメージ1倍
  1Combo Attack表示時の不成立 ダメージ2倍
  2Combo Attack表示時の不成立 ダメージ3倍
  3Combo Attack表示時の不成立 ダメージ4倍
  以降 要検証

属性武器と奥義アビリティ

核石装備の武器
 火焔の祭剣など、装備することでスキルの属性を増やすことができる武器が存在する。
 三連斬はもともと「斬」のみであるが、火焔の祭剣を装備すると「斬火」の2属性になる。

 ~の奥義というアビリティがあり、これを精霊にセットしておくとNext属性を増やすことができる。
 
 両者ともコンボの幅を広げるものとなるので、よく検討していきたいところである。

  • 主な属性武器・奥義のコンボの幅の広がり具合の例
 ・ファイターは普段、フェンサー・ウォーリアのNextを拾うことが出来ないが、火・水・風の
  いずれかの武器を持てばフェンサー、闇属性を持てばウォーリアの出すNextを拾えるようになる。
 ・フェンサーの猛攻乱舞の奥義(Next打)を持つことで、既存を含めると全てのジョブが拾える
  Nextが出せるようになる。
 ・ウォーリアが闇属性武器を持つと、自分の出したNextを拾えるため、自前でコンボが可能に。

コンボのコツ

 ・レイド開幕後はまずテンションを9まで貯める(白騎士などHPの低い敵は6で始めるケースもある)
  なお、画面右のメンバー一覧の各メンバーの左隅にある黄色い数字がそれぞれのテンションの数値。
 
 ・威力の低いスキルでコンボ数を稼いでから威力の高いスキルを使用するようにする

 ・自分のジョブだけでなく、その他のジョブの「どの属性を拾えるか」「どの属性のNEXTを出せるか」
  を把握しておく
  特に自分の拾えるNEXTを出してくれる他職をチェック。レイドではその他職の動きを見て待機する。
  また、フェンサーは基本的にコンボを(フェンサーなしのテンプレに対し)1か2途中で足す役割をするので、
  フェンサーの動きを見てその後コンボをテンプレに戻して繋げていく感じ。

 ・コンボの締めになってしまうスキルをコンボの始動または中間で撃つのは避ける
  例)ファイター不在時の氷結嵐(Next斬) フェンサー不在時の真空嵐(Next突)
  上記例から派生して、初心者にありがちなコンボミス↓
  氷結嵐>三連斬>別のメイジが氷結嵐……三連斬のリキャストタイム中なのでコンボが途切れる
  盾役がファイターだからと言って氷結嵐を適当に撃っていいという訳ではない
  道中でも「明らかに三連斬のリキャスト中と分かる状態での氷結嵐は悪手」と覚えておく
  三連斬のリキャストは25s。慣れれば感覚的にわかるようになってくると思われる。
  
 ・ザコ戦ではある程度有効な戦術である「チャージが溜まったら即ブレイクスキル」は控える

 ・コンボテンプレートに目を通しておく

コメント

  • 私の検証では3コンボ目で4倍、4コンボ目でも4倍でした。最大4倍? --- (2017/04/22 19:11:23)
    • ご指摘ありがとうございます。確かに最大4倍のようです。検証不足をお詫び申し上げます。 --- (2017/04/25 00:28:11)

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。

投稿済みコメントに返信する場合はコメントを選んでから投稿してください。


画像認証

  • 最終更新:2017-06-08 21:03:32

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード